シンガポールチャンギ国際空港の目的別見どころ紹介をしています。シンガポール無料安眠スポット、これだけは食べておきたいベスト10など。
ホーム > 目的別チャンギ空港活用術 > ママのためのチャンギ空港利用法

ママのためのチャンギ空港利用法

新米ママチャンティカさんの「かしこい」チャンギ空港利用法

去年生まれたばかりの娘を連れて、インドネシアからはるばるシンガポールへとやってきました。単身赴任中の主人と娘は3ヶ月ぶりの再会、主人の喜ぶ顔が目に浮かびます。

  • 01:00AM トランジットホテルにチェックイン
    この日は夜遅くチャンギ空港に到着したので、ターミナル1のトランジットホテルに宿泊しました。子供連れなので、シャワーとトイレが付いている部屋をチョイス。
    本当はいろんなお店や施設が集まっているターミナル2のトランジットホテルが何かと便利でよかったのですが、1週間前の時点で既に満室。トランジットホテルの予約はシンガポール行きが決まったらすぐに行いましょう!

    ・トランジットホテル(http://www.airport-hotel.com.sg/)
    「アンバサダー・トランジット・ホテル」が正式名。ターミナル1,2の各3階にある空港内のホテル。客室のタイプはバス・トイレ付きの「スタンダードルーム」と、男女別の共同バス・トイレの「バジェットルーム」との二つ。利用は6時間単位。支払いには主要なクレジットカードが利用可、前払い。
    今回はシンガポールへの入国手続き前に、トランジットホテルへチェックインしました。ここで注意! 機内預け荷物はシンガポール入国後でなければ受け取れないんですよ!
    だから子供のおむつやほ乳瓶、着替え、自分の着替えやお化粧品など、ホテル内で利用したい身の回り品は手荷物として機内に持ち込みました。子供と手荷物、重かった~。
    子供連れの宿泊で気になるのはなんといっても「水回り」ですよね。このホテルはトイレもお風呂も清潔です。タオルは大きなバスタオルが3枚、フェイスタオルが2枚ありました。石鹸もあります。シャンプーはコンディショナー入りのものなので、髪がきしみやすい人は自分のものを持参した方がいいかも。
    ドライヤーの風量はまあまあかしら。私は肩甲骨までのロングヘアで、全部乾くまでに20分くらいかかりました。持ち手がちょっと熱くなってきます。持てないほどではないのですけれど。
    子供が寝たら、ささやかな「自分の時間」のはじまり…。持参したノートPCの充電をしつつ、友達にメールします。

  • 07:00AM ベビーカーでスイスイ移動!
    トランジットホテルをチェックアウトして、ターミナル2へ移動。この空港は段差がない作りになっていて、ベビーカーさえあればスムースに移動できます。移動の途中では空港の案内図をもらっていきましょう。もちろん日本語の案内図もありますよ!
    いよいよチャンギ空港名物「スカイトレイン」に乗車。ターミナル1からターミナル2まで85秒で移動できるとか(時計を見てたら83秒でした)。それにしても近未来的でスマートな乗り物です。このかっこよさ、子供がもうちょっと大きかったらはしゃぐんだろうなあ。

  • 07:30 授乳とおむつ交換ならココで
    ターミナル2を降りるとメルセデスベンツのショップの看板が見えます。実はこのすぐ裏手に、ナーサリールームがあるんですよ。さあさ、おむつを交換して、ミルクを飲みましょうね。

    ・ナーサリールーム
    チャンギ空港内各所にある授乳室兼おむつ交換のためのスペース。もちろん無料。トイレにもおむつを替えられるベビーベッドのあるところはあるが、ナーサリールームは清潔で、かつミルク用の給湯器や授乳用のベンチが設置されている。
    ナーサリールームに来ました。熱いお湯をここでいただけます。あとはほ乳瓶と粉ミルクさえあれば赤ちゃんの食事は大丈夫。あら、荷物がかけられるフックがあるわ。こういう心遣いがにくいわね。
    折りたたみ式のベビーベッドは片手でらくらく上げ下げできる重さ。ベルトもついているから安心です。赤いポップなベンチでのんびりとミルクもあげられて、私までうとうととしてしまいそう…。
    そうそう、入り口には、中から片手で簡単に鍵をかけられるようになっています。この鍵をつけてくれた人、母乳ママの気持ちをよくわかっているわぁ

  • 08:00 おむつを買う
    おむつがなくなったので薬局へ。おむつのほかに、ウエットティッシュ、ベビーパウダー、ベビーオイル、それから熱冷ましのシートや風邪薬まであるんですよ。
    中国茶や、健康食品も品揃えが豊富。いつのまにかママの買い物になっていたりして…。
    薬局といえば、空港内にはクリニックもあります。「診療所」、じゃなくて「クリニック」。足を運びやすい雰囲気の、明るい空港内の病院です。万一のときはここへきて、カウンターの女性に声をかければいいのね。う~ん、安心。

  • 08:30 粉ミルクとベビーフードを購入
    セブンイレブンを発見。ここには水やお菓子のほかに粉ミルクもあります。すぐ隣は無料インターネットのスペース、近くにフードコートもあります。やっぱりターミナル2って便利ね。

    ・セブンイレブン
    24時間オープンのコンビニエンスストア。ドリンクや菓子類、旅行用品(スーツケースまである)、簡単な医薬品まで幅広い品揃え。
    ベビーフードは中国薬局の「sinchong meheco」にも売っています。こちらは玄米のお粥に、鶏肉風味やお魚風味、野菜風味まで数種類がそろっています。カラダによさそう。あら、美容によい漢方薬も売っているのね! いろいろ試したくて迷っちゃうわ~。

    ・Sinchong Meheco
    ターミナル2にある漢方薬とヘルスケア製品のお店。シンガポールで入手できる主な漢方薬製品が揃っている。比較的少量の漢方薬が手軽な値段でパッケージ売りされているので、なじみのない漢方薬にチャレンジしてみたいときにもおすすめ。気さくな店員さんが話しかけてくれるので、症状を相談してみては?

  • 09:15 カジュアルなコーヒーショップで一休み
    空港内を歩き回ってちょっと疲れたのでひとやすみ。パパとの待ち合わせ時間まで、ここで時間を過ごすことにしましょうね。
    ここはオープンスタイルのカジュアルなショップなので、赤ちゃんが泣き始めても大丈夫。すぐ目の前にある広場にも行けるわね。鯉の泳ぐ池もあるから、泣き虫赤ちゃんだって笑顔になれそうでしょ。
    ここのコーヒーは空港内でも一押しの安さ、やっぱりにぎわってるわね。フレッシュジュースやちょっとかじれる菓子パンもあるから、簡単に食事したいときには便利そうだわ。ちょっと食べておこうかしら…。
    あらっ、のんびりしてたら、もう時間! パパとの待ち合わせ場所へいそがなくっちゃ!


チャンギ空港には、各国のおいしいお店がいっぱい! よくばって全部ご紹介します。
便利なお店や、素敵なブランドショップ。計画的にお買い物しましょう。

空港の中で遊びたい!? それじゃ、いっしょに行きましょう!
遊びんで(お買い物しすぎて)疲れたら、こちらへどうぞ。






チャンギ空港は世界で一番の空港です。なぜって? 理由はこちらで。
このページはもうチェックしましたか? ここさえおさえておけば、安心です。
インターネットや郵便局、インフォメーション・カウンターに…いろいろ! 便利なサービスをご紹介しています。
お店、アクセス方法、いろいろな施設。全てこの地図に載っています。これで迷子になることなし!